「ノーローン」でお金を借りるときに融資対象になる人とは?

ノーローンでお金借りるときに融資対象になる人ですが、基本的には安定した収入のある人です。これは別にノーローンだけに限ったことではありません。キャッシングでお金を借りるときには、まず間違いなくどのキャッシング会社でもこの条件が融資対象としては最も大きいです。
お金を借りるには、借りたお金を返せるかどうかということが、お金を貸すほうの立場からすると最も大事です。そして、返せるかどうか、返すあてがあるかどうかということを、ノーローンに限らずどんなキャッシング会社でも、その人が仕事をしていて給料をもらっているかどうかで判断しています。
これは至極当然のことなのですが、ちょっと考えてみるとお金を借りるため、つまりお金を返すためには絶対に仕事をして給料をもらっていなければ不可能かというと、そんなこともないはずです。仕事をしていなくても貯金があれば返せそうにも思われます。しかしノーローンではこのような人は対象としていません。どうしてかというと、仕事をしていなくても返済できるほどの貯金があるような人であればそもそもお金を借りる必要などないでしょうということです。言い換えれば、そんな人はいないと思われているわけです。
では安定した収入のある人とは具体的にどういう人を指しているのでしょうか。これもノーローンや他のキャッシングでもだいたい似たような考え方となっています。別に正社員である必要はなく、とにかく月1回以上、だいたい安定した収入のある人であれば構いません。